信託価額

投資信託の価額などについて見ていこう

基準価額と販売基準価額の違い

基準価額というのは投資ファンドの投資信託に組み入れられている株式や公社債などのすべてその日における時価で評価して、債権の利息や株式の配当金などの全ての収入を加算せいて算出した資産総額から運用に必要な費用などを負債として差し引いた純資産総額をそのときの受益権口数によって割って求めた1口当たりの純資産総額のことです。この数字は組み入れられている有価証券などの毎日の値動きによって変動していきます。これは投資信託を購入したり解約するときの基準として使用されることが多く、一般的には当日の夕刻に算出されたデータが翌日の新聞などの媒体に発表されます。販売基準価額というのは追加型の投資信託の中で、追加設定をしたときに信託財産保留額が徴収されるものについては基準として算出した数字に信託財産留保額を加えて算出された数字で、これらのデータは主に新聞によって発表されていて、日経新聞などの経済専門誌の場合においては、ファンド名の前に特別な記号を付けることによってデータを区別して記しています。これらは投資信託の運用や管理にかかる費用で、信託財産の中から投資信託会社や受託銀行、証券会社に支払われます。それぞれの報酬についてその報酬率や商品の種類によって異なっていて、目論見書や運用報告書の費用の項目で詳しい内容が記載されています。

コメントを受け付けておりません。