信託価額

投資信託の価額などについて見ていこう

中期国債ファンド

中期国債ファンドとは追加型公社債投資信託のことをいい、利付金融資やコール、手形市場で運用し、日ごとに分配金を計算して毎月末に元本に再投資します。株式には一切投資しないという特徴があり、運用実績によって利回りが変動することになります。中期利付国債が中心で、公社債により運用するため信頼があります。証券会社が扱う投資信託商品の中でも安定性が高いものの一つです。購入の際には手数料がかからず、購入から30日以上経過すればいつでも解約することができます。解約したいと思ったときに解約することができるため、流動性が高く、状況に応じて他の投資信託や金融商品と組み合わせることもできます。ただし、あくまで投資信託なので元本保証がなく、価格変動リスクがあることには注意が必要です。もっとも投資信託の中ではその安定性は抜群であるといえます。マネーマネジメントファンドとよく混同されますが、同じなのは1か月複利が採用されているという点のみです。MMFの場合は償還まで1年以内の短期の債券が中心となり、国債だけではなく公債や社債も対象となるといった違いがあります。このように利回りが高いにもかかわらずリスクが低いため、安定性を求める方にはお勧めの金融商品であるといえます。

コメントを受け付けておりません。